家づくりは資料請求からはじめよう詳しくはこちら

業界のナゾ!まだ工事中なのに住民票移動しないといけないわけ

ハウスメーカーの担当営業マンから家ができていないのに、「住民票を移動してください」と言われる人がいます。

「え?なんで?まだ家できていないのに」

「そもそも、引越しなんてできないじゃん」

と思われるでしょう。

そして、そのまま市役所に行くと、

「引越しはいつですか?」と聞かれ

「まだです」と言うと、

「じゃあ住民票移動はできません」と言われてしまいます。

もくじ

住民票移動しないといけない理由

そもそも、引越しどころか家もできていないのに、なぜ住民票移動しないといけないのでしょうか。

それは減税を受けるためです。

つまり、登記するときの登録免許税を安くするためなんです。

登記するときの減税とは

家を建てると登記が必要です。

登記とは、所有者や権利関係に関する登録をすることです。

住宅ローンを利用して家を建てる方は2つの登記の減税が受けられます。

  1. 所有権保存登記
  2. 抵当権設定登記

この登記の費用に関わる税金が安くなります。

特に、抵当権設定登記は減税のおかげで1/4になりますからかなり大きいです。

仮に、4000万円の住宅ローンを借り入れすると、16万円の支払いが4万円になりますから12万円も安くなります。

登録免許税の軽減について

住民票移動と減税に何の関係があるのか

この登録免許税の減税は、マイホームであることが必要です。

つまり、別荘ではダメということですね。

このマイホームかどうかを判断するために新住所の住民票が使われます。

だから、「先に住民票移動をしてください」と言われるわけですね。

ハウスメーカー側の集金のタイミングによって違うこともあるのですが、住民票を移動してくれと言われたら、自分が減税を受けるためだと理解すると良いと思います。

市役所に行って何と言えば良いのか

ここまで、減税を受けるために、先に住民票移動することは理解いただきました。

しかし、問題は市役所です。

市役所の職員は引越ししてからでないと住民票移動ができません。

ですから、「いつ引越しですか?」と必ず質問してきます。

そして、この質問に対して、

「まだ引越ししていません」と言うと住民票移動ができなくなってしまいます。

じゃあどうすれば、良いのか。

【今日、これから引越します】と伝えるしかありません。

工事中だろうが、役所の職員が現地確認することはありませんから、減税のために、言うしかないのです。

これが、イヤな人はもちろん、正規の税金を支払うこともできますし、最終金をつなぎ融資を組むなど方法はありますのでご安心ください。

無料で間取りと見積もりが届くカタログ請求サイト

『どこのハウスメーカーを選べばいいのかわからない!』という方におすすめなのが、資料請求サイトの利用です。

家づくりの面倒なモデルハウス見学や商談、売り込みを省略できるサービスの【タウンライフ家づくり】をご紹介します。

資料請求のカタログとともに、【プラン】【見積もり】を一緒にゲットできる、顧客のニーズを掴んだサービスとなっています。

しかも、無料でできるのは最強すぎます。

土地がなくてもプランは提案してもらえて、必要があれば土地紹介も受けられる。

家相を気にするのであれば家相も重視した間取り相談もできるようになっています。

↓【最短3分♪無料で間取りと見積もりをゲット】

↓【家相を重視したプランをゲットしたい方はこちら】

【これだけでOK!】家づくりは資料請求から始めよう

ぽりんき
間取りデザイナー
帰宅は毎日夜中2時/休みは月1のブラックハウスメーカー出身/16年がむしゃらに家づくりの知識習得⇨ヒアリング主体の家づくりで失敗しない方法だけ説明する/担当時代全国2位/営業所全国1位表彰受賞/家づくりで後悔する人を減らしたい&営業マンにだまされないで欲しい⇨担当者に依存しない家づくり情報Twitterで発信中♪

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
もくじ
閉じる