家づくりは資料請求からはじめよう詳しくはこちら

そんなことできるの!?誰かが申し込みしている土地を自分が買う方法

土地から探して家づくり。

土地を一生懸命探していると、よくあるのが申し込み済みと書いた土地情報。

スマホなどで探している時点であれば、申し込み済みだから検討できないな。とあきらめることができます。

しかし、この土地がいいなと思っていて、いざ検討しているときに申し込み済みだったり、タッチの差で先を越されたらどうでしょうか。

「くそー!」という気持ちになるはずです。

もくじ

申し込みとはどういう状態なのか

そもそも申し込みとはいったいどんな状態のことを言うのでしょうか。

正しくは、【契約はしていないが、押さえてある状態】のことを言います。

契約はしていません。ここが重要です。

契約をしていないということはあなたが購入できるチャンスがまだ十分にあります。

土地から購入を考えている方はこの申し込み段階でどんなことが行われているのかきちんと理解する必要があります。

契約日を調整している

この段階はもう勝ち目がありません。

日にちを設定するだけですから、通常は申し込みから1〜2週間程度で契約日が決定してしまいます。

ローンの審査をしている

購入を前提にした住宅ローンの事前審査中です。

ローンの審査が無事に通れば、購入するという段階です。

「じゃあ無理だ」と思うかもしれません。

しかし、不動産売買の世界は意外と審査が通らないお客様が一定数います。

そのため、不動産業者のほとんどが、契約する前に住宅ローンの事前審査でOKがでることを前提に進めています。

つまり、ローン審査がとおらなければチャンスがあります。

値引き交渉をしている

土地を買うのは家を建てるためです。

つまり、土地と建物の総額で資金計画を立てないといけません。

まずは、入り口の土地のところで金額の交渉をしている場合がほとんどです。

安く買いたい人と高く売りたい人の交渉です。

間に不動産会社が入ってやっていますが、うまくまとまらない場合もあります。

地主さんが売ると言わない限りは交渉決裂ですので、チャンスが回ってくる可能性はあります。

そもそも買う気がない

土地の紹介自体をハウスメーカーの営業マンが行っている場合があります。

ハウスメーカーの営業マンは常に会社からプレッシャーを受けています。

なので、【とりあえず、申し込み】というものが存在します。

営業マン「とりあえず、申し込みしておけば押さえることができますよ。気が変わって他の土地にしても違約金などはいりませんのでご安心ください」と伝えていることがあるのです。

ハウスメーカーが契約するためには、建築予定地が決まっている必要があるので、まずは土地を申し込みさせれば商談が進んでいると報告できるからです。

こんな状況だと申し込みを白紙にする可能性も高いです。

土地にいちゃもんをつけている

世の中二つとして同じ土地はありませんから、さまざまな土地があります。

  1. 隣の木が越境していたり
  2. 境界杭がはっきりしていなかったり
  3. 道路はみんなで所有をしていたり
  4. 電柱がなかったり
  5. 近所にうるさい人がいないか

などなど。あげればきりがないのですが、買う方も心配になりますから質問も増えます。

しかし、売主(地主)さんからすれば、面倒な客には売りたくないんです。

土地を売る地主さんは、その近所に住んでいる人が多いので、売ったせいで変な人が住んで、近所付き合いが悪くなったりするのを避けたいからです。

ただの仮押さえなだけだった

これ、結構あるんです。

申し込みかと思ったら、ただ口頭で押さえているだけなので、正式に申込書をおくれば一番手になれる土地という状態もあります。

正しく状況を理解する必要があります。

自分が買うために

まずは、信頼できる不動産会社やハウスメーカーを見つけましょう。

契約日を決める状態の申し込みであれば難しいですが、申し込みの状態をきちんと把握することが大事になります。

信頼できる担当者を通して状況を確認しましょう。

まだまだあきらめてはいけません。

最強の二番手申し込み

可能性がある場合は、2番手で申し込むという方法があります。

最強の理由があります。

それは、【一番手の人にプレッシャーを与えられる】から。

これがすごく大きいです。

みていきましょう。

ローンの審査中の場合

自分自身が住宅ローンの事前審査でOKが取れている場合は大きな武器になります。

もし、一番手の方が審査に落ちれば、自分が購入できるようになります。

値引き交渉中の場合

一番手が値引き交渉しているのであれば、それよりも高い金額で申し込みしましょう。

わからなければ、【満額(まんがく)】と言って、定価で申し込みしましょう。

二番手の人が満額で申し込みをすれば、一番手の人が満額にしない限りは自分が買えるチャンスが回ってきます。

このように、二番手で申し込みをする行為自体がメリットが多いです。

ダメでもともとですが、万が一、一番手がどいた場合に自分に番が回ってくること。一番手にプレッシャーを与えられることが十分なメリットになります。

ぜひ、上手に土地探しも攻略してほしいです。

無料で間取りと見積もりが届くカタログ請求サイト

『どこのハウスメーカーを選べばいいのかわからない!』という方におすすめなのが、資料請求サイトの利用です。

家づくりの面倒なモデルハウス見学や商談、売り込みを省略できるサービスの【タウンライフ家づくり】をご紹介します。

資料請求のカタログとともに、【プラン】【見積もり】を一緒にゲットできる、顧客のニーズを掴んだサービスとなっています。

しかも、無料でできるのは最強すぎます。

土地がなくてもプランは提案してもらえて、必要があれば土地紹介も受けられる。

家相を気にするのであれば家相も重視した間取り相談もできるようになっています。

↓【最短3分♪無料で間取りと見積もりをゲット】

↓【家相を重視したプランをゲットしたい方はこちら】

【これだけでOK!】家づくりは資料請求から始めよう

ぽりんき
間取りデザイナー
帰宅は毎日夜中2時/休みは月1のブラックハウスメーカー出身/16年がむしゃらに家づくりの知識習得⇨ヒアリング主体の家づくりで失敗しない方法だけ説明する/担当時代全国2位/営業所全国1位表彰受賞/家づくりで後悔する人を減らしたい&営業マンにだまされないで欲しい⇨担当者に依存しない家づくり情報Twitterで発信中♪

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
もくじ
閉じる