家づくりは資料請求からはじめよう詳しくはこちら

土地探しの正解は!?不動産屋・ネット?それともチラシ?土地探し攻略法

土地から探して家づくりをする場合、土地を探す手段はいくつかあります。

もくじ

土地を探す手段

たくさんありますね。

どれも一長一短ありますが、まずはどんな方法があるのかを理解しましょう。

不動産屋

一番即効性があり、餅は餅屋で、不動産屋にいくことはお勧めです。

でも、「どの不動産屋にいけばいいの?」という疑問があると思います。

結論言いますと、【大手不動産会社】【地元の不動産会社】両方に声をかけましょう。

  1. 大手不動産会社
    三井リハウスや積和不動産、住友不動産、などCMなどを行っている大手です。
    メリットは、広く浅く情報量が多いです。
    不動産会社同士は業者専用サイト(レインズやアットビービーなど)で情報共有が行われているので、不動産会社に行けば行くほど、「この情報見たことあるな」となるのは情報共有されているからです。
    つまり、大量に情報を集められるメリットがあります。
  2. 地元の不動産会社
    大手と真逆の探したい土地のエリアに精通する不動産業者です。ネットが使えない業者もいますし、地元の地主さんと繋がっていることも大きいため、学区が決まっていたり、探しているエリアが狭い場合は、そのエリアにある業者にも声をかけておきましょう。

不動産業界自体が、買うか買わないのかを判断する業界です。粘って契約になる注文住宅と比べて、かなりシンプルです。ガツガツ売り込まれることはほとんどありません。

その代り、良い物件があります。という意思表示はしっかりとしましょう。

ネット

誰もがスマホを持っている時代なので、不動産業者は、不動産流通サイトに登録することが増えてきました。

そのエリアの情報は80%以上がネットで検索できると考えましょう。

今時、不動産会社へ足を運ぶお客さんも少ないですから、業者もネット上に土地情報を載せます。

注意が必要なのは、不動産サイトと言っても、

【スーモ】【アットホーム】【ホームズ】などたくさんありますので、必ず全てのサイトをチェックしておきましょう。

不動産業者がどのサイトに登録しているかはそれぞれ違うので、その点を理解することが大切です。

手早く、自宅で、良い物件が無いか調べられるので、気になる情報があれば、不動産業者に問い合わせをしましょう。

歩き回る

めちゃくちゃおすすめです。

特におすすめめなのは、エリアが絞り込まれている人です。

土地の上に、売り地などの看板が立っている土地を見ることがあると思います。

ネットにもない情報が見つかることがあります。

これも先ほどの話の通り、不動産会社の中には、今でも原始的な手法を大切にしているところもありますから、車や自転車で走り回って探してみることもおすすめです。

気になる売り地看板を見つけたら、即その場で電話すること。これが鉄則です。

3つの土地の探し方を紹介しました。一生に一度の土地探しですから、全てやることをおすすめします。

無料で間取りと見積もりが届くカタログ請求サイト

『どこのハウスメーカーを選べばいいのかわからない!』という方におすすめなのが、資料請求サイトの利用です。

家づくりの面倒なモデルハウス見学や商談、売り込みを省略できるサービスの【タウンライフ家づくり】をご紹介します。

資料請求のカタログとともに、【プラン】【見積もり】を一緒にゲットできる、顧客のニーズを掴んだサービスとなっています。

しかも、無料でできるのは最強すぎます。

土地がなくてもプランは提案してもらえて、必要があれば土地紹介も受けられる。

家相を気にするのであれば家相も重視した間取り相談もできるようになっています。

↓【最短3分♪無料で間取りと見積もりをゲット】

↓【家相を重視したプランをゲットしたい方はこちら】

【これだけでOK!】家づくりは資料請求から始めよう

ぽりんき
間取りデザイナー
帰宅は毎日夜中2時/休みは月1のブラックハウスメーカー出身/16年がむしゃらに家づくりの知識習得⇨ヒアリング主体の家づくりで失敗しない方法だけ説明する/担当時代全国2位/営業所全国1位表彰受賞/家づくりで後悔する人を減らしたい&営業マンにだまされないで欲しい⇨担当者に依存しない家づくり情報Twitterで発信中♪

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
もくじ
閉じる